Welcome!

太陽光発電で発電した電気をためておくことができるのか

住之江区では積極的に太陽光発電が利用されてて来ています。
これからの未来を決めるとも言われる太陽光を用いた発電システムになっていますので、
利用のほうをしっかりとチェックしていかれると良いのではないでしょうか。
その太陽光を用いたような発電システムというものなのですが、
問題が一つあります。
あまり知られていないものがあるのです。
それは太陽光を用いた発電システムで電気をためることができるのか、ということなのです。
電気がためられるような設備が備わっているのかを知らない方が多いのです。
では、一般的な太陽光を用いた発電システムなのですが、
実は発電した電気をためるような機能は持っていません。
発電した電気をためる機能を持っていませんので、
例えば、夜まで電気をためておいて使うということはできません。
以上のことを理解しておくと災害時に便利になります。
災害時には停電になってしまうこともあるのです。
停電になってしまった時に、
太陽光を用いた発電システムは昼間しか役に立たないということは、
蓄電機能がないということを知っておけば、
基礎知識としてそれを利用することもできるのです。
夜の停電に備えるためには、
太陽光を用いた発電システムに畜電器などを備え付けていかなければいけないというわけなのです。
畜電器をつけておけば、夜まで電気をそちらにためておきまして、
夜になったら使うということもできるようになっています。
住之江区で停電対策をチェックするのでしたら、畜電器の必要性を考えてみましょう。